忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


雪ロミジュリ1
【雪組】
『ロミオとジュリエット』
2月17日 16:00~(東京宝塚劇場)
☆ジュリエット:舞羽美海


ロミオとジュリエット
初日おめでとうございます!!
幸せなことに、客席に座ることができました^^

遂に音月桂がトップの羽根を背負って東宝の大階段を降りました。
雪でず〜っと育ってきたキムがトップになるのは嬉しいことです。
「初日」というのもあって意識せざるを得なかったこと。
キムの開演アナウンス→客席拍手!の流れで、もうウルウル…

では、つづきに感想を。
(めんどくさいので見やすさを重視しませんでしたゴメンナサイ)

ちなみに明日も観に行きます。
あみちゃんバージョンです。



 実際に観劇してみて、私はミュージカルのロミオとジュリエットという作品が好きだなと思った。Aimerという曲が好きなのも理由だし、観劇しながら考えることがいくつかあって、例えば「結婚は好きな人とするべきか否か」とか「憎しみを溶かすにはどうすればいいのか」とか「愛しぬくってどういうことだろう」とか考えることが多くて、そんなことを考えながら見てるから思うとこも色々ある。考えれば考えるほど、楽しいです。私だったら家のためにパリス伯爵と結婚するのか、それともやはり好きな人と共に生きることを貫くのか…とか、考えちゃったらどんどんのめりこんだ。思いつめてるんですかね、私(笑)


 雪組にとっては久しぶりに歌える男役がトップになったということもあり、なんだか新鮮だった。コムさんやミズさんがトップの時の雪組ぐらいしか知らないからあまり偉そうなことを語れないんですけど、どちらともダンサーな男役さんだったから、歌えるキムが真ん中に立っているということは新鮮でした。キムもキムで、すごい。歌唱力の高さをここで改めて思い知らされた。私は歌えるスターさんがやっぱり好きなので(早霧さんのことは、置いといて。笑)真ん中に立つ人がしっかり歌えていると安心する。キムは、歌い方がここに来てちょっと変化したようにも思うのだけど、それはロミジュリ仕様なのかはたまた私の気のせいか。普段は変わらないけど、ふとした時にちょっと歌い方が変わると思った。


 家に帰ってお風呂に入りながら思ったのは、キムを独立させすぎないで欲しいなと思ったこと。やっぱりキムに相手役がほしい。確実な二番手が欲しい。イケコの鉄板・フィナーレ下手のセリ上がりから察するにチギちゃんを二番手でいきたいというイケコかあるいは劇団の意思が汲み取れるのですが、でもそれもロミジュリからの話であって、どこかうやむやで不安定な番手配置にどうも寂しさを隠せませんでした。キムだけが前へ前へ押し出されている感じがあって、番手のトライアングルがどうも寂しかった。でも、それも今回のロミジュリで一応は二番手・早霧せいなで確定しそうな感じなので、ひとまずはほっとしてるかなぁ。「ロジェ」とか「はじめて愛した」の時は、これから番手はどうなっていくのかと少し不安だったから…。三番手は、まっつ…なのかな。ここも固めてくれたらOKなんですけど、私としては。
 で、ここからは「お前本当にチギちゃんファンか?」ということ書きます。
 二番手は、まっつにしてほしい。という話です。
キムとまっつの歌声がすごく合っていたというのがまず、理由。
それと、同期でコンビ売りのようにしてくれたら楽しいのにというのも、理由。
ミズさんとユミコさんは同期ではなかったけどそれくらいに仲良しでラブラブ(笑)なトップと二番手で、そういう関係をキムにもつくらせてあげてほしいなぁと思ったのが、まっつ二番手案の大きな理由。また、年功序列も考慮した(笑)娘1がいないなら、それまでまっつが奥さんやっちゃいなさいよということです。
 にしても、まっつの組替えはキムと素晴らしい効果を発揮しているように思う。正直、キム以外にガンガン歌える男役って、雪組にいるかと言われると返答に困るところがあるように思えて、やはりそういう意味でまっつは雪組に必要とされて組替えしてきたんだなって思った。

 
 キムは、私の予想以上に美男子を演じていた。
これは、写真じゃ分からないことだったなと思った。
よかった、ちゃんと観劇することができて^^;
好きな人に一途で、真剣にジュリエットを愛していた。
私、このロミオになら惚れられると思った。
憎しみが渦巻くヴェローナでひたむきに生きるロミオだった。

チギちゃんのマーキューシオ。
ビジュアルは文句なしです(笑)分かってる!
チギちゃんが二番手ならば、二番手らしくはない役だなとは思った。
そういっちゃうと、二番手役は確実に緒月氏のティボルトだろう。
キタロウに演じさせると、ティボルトが根暗なイメージになるから凄いね(褒めてます)。そこが、ジュリエットへの禁断の恋の「禁断」加減が最高に上がるから説得力がある。だが、時に犯罪の香りがする、そんなティボルト・緒月遠麻。褒めてます。
 まっつのベンヴォーリオは最後には友人をみんな失い、きっと苦しみながら生きるんだろうなぁという役です。後追いしなければいいのだけど…大丈夫か。そこはベンヴォーリオのことだから、和解した両家を上手く導く役目を担っていくのかな。
 コマの乳母も、適役だと思った!声が乳母に合ってるのかな。
 せしるの「愛」は、あの〜胸は…造り物ですか?(笑)
ぺったんこでもむしろよかったと思うんですけども(うおっほん)
でも、せしるの表情はすごく綺麗だと思って見ていたよ。ダンスも綺麗だったしね。イケコは、トートもそうだけど、こういう登場人物にセットの扉を閉めさせたりというさりげない「作業」をさせること、好むのかな。トートも黄泉の帝王で「死」という「存在」なのに、フツーに扉から帰ってったよね。シシィと口論になって、ふっと消える演出でもなく、フツーに扉から帰ったよね。「愛」も、なんかフツーにセットの扉を閉めてあげたりしてた。そこ、人間味があるように思う(笑)

 みみちゃんのジュリエットは、私の中の舞羽美海の最高得点を叩き出した役です。すごく良かった。まだ化粧に「むむむ…」と、ならなくはないが(苦笑)
15歳(だっけ?)の娘を演じるのに違和感なく、とにかく可愛かった。
あとは、歌だよ、歌!でも今日は合格点に近かったんじゃないかな。
発声もままならない!みたいなマリポーサの頃に比べたら、すごく成長した娘役の一人だなぁって思います。娘役は早くから抜擢されるだけ、成長も嬉しいくらい分かる。

 さきなの「死」は、メイクとか鬘がどうも好きじゃなかったなぁ。
左頬のあのデザインとか、特に必要ないような気が…(ぼそ)
鬘も、もっとさっぱりさせた方がよかったのでは…(ぼそ2)
トートのような「死」ではあるけど、トートじゃないからなぁ。意識しすぎたのかなぁ。案外、短髪の「死」もアリかもよ?なーんて。

 コンビ売りといえば、まっつチギの組み合わせは新たな萌えですな!
みなさんご存知の通り、飼い犬とその飼い主…がぴったりな表現。
うわぁぁぁ、私、この二人の絡みだけで楽しめそう!
どうか、まっつから歌唱力を吸いとってくれチギたんんん!(しーっ)
まっつと歌ってるとチギたんのお歌もまぁまぁ許せるから、これからはまっつと組んで歌って欲しいと思います(半分真顔)


 フィナーレの男役群舞は、文句ナシです。
まっつが、ピッタリ揃っていると定評の雪組群舞にしっかりハマっていたのがすごいなぁの一言。ここでは、私の中では「香綾しずるタイム」だったのお許しください(笑)
 その前の赤ダンスでは、某娘役にオペラがつきっきりだったので、明日見直します。


他にもいろいろ書きたいことがあるだろうけど…
もう夜遅いし書き殴りすぎたし、反省。ってことで、寝ます。

拍手[0回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
TRACKBACKS
URL:
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
*カウンター*
プロフィール
HN:
まゆ
性別:
女性
職業:
大学生
自己紹介:
ジャニーズの話題もタカラヅカの話題も混在してるブログです。
どちらかが好きという方も、どっちも好きという方も、ぜひ仲良くしてやってください(*・v・*)

詳しいプロフィールはコチラ
Twitter MAYU
育ててます。
V6 PEOPLE
いくつになったの??
メンバーの年齢が覚えられなくなったので
作っちゃいました☆

ブログ内検索
最新CM
まじでー(返信済)
(04/14)
こんにちは(返信済)
(02/26)
うんうん(返信済)
(02/06)
(01/28)
こんばんは(返信済)
(01/05)
バーコード
アクセス解析
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]