忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ノリに乗ったらいつまでも読める本
鴨川ホルモー鴨川ホルモー
万城目 学

産業編集センター 2006-04
売り上げランキング : 905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


漫画じゃなく、小説の部類に入る本で「ぷっ」と声に出して笑った本はこれが初めてかも。
どうして笑ったのか、自分でも疑問ですが。
何故か、気付いたら笑ってた。
客観的には別に笑う要素なんてなかった気がするんだけど。
なんでだろ?

この本は、文句なしに面白いと思いましたね。
知らず知らずのうちに時間を忘れて熱中して読む本てあると思うんですけど、
正しくこの本がそうでした!!

物語は、ホルモーという競技(?)のお話。
是非ともホルモーの世界は作品を読んでから知ってほしいと思います。
なにせ、私の下手糞な文章能力じゃホルモーの説明は長くなっちゃってできませんので。。。

この人の書く本は、どれも細部までストーリーが出来上がってて、
読む度、真相を掴む度に感動します。
『鹿男~』の前に書かれたデビュー作ですが、
デビューから面白く、その面白さを持続できる人ってそうそういないよな、
と感じるので、(物語にしろ曲にしろ様々な分野で、持続って大変なんだなと感じるので)
この人、相当すごい能力を持っているんだろうなと、次のホルモー六景に期待です。
なにせ、この『ホルモー六景』はこの作品の続編みたいな感じだそうなので。

読みやすさの面からいえば。
この物語にせよ、『鹿男~』にせよ、物語の語り手が主人公の「おれ」であること、
その「おれ」が中心なので、読み手は物語の進行に入りやすいのがいいのかも。
語り手が支離滅裂でどーなってるか分からない読み物って、あったりしますよね?
それに比べれば、常に「おれ」目線なので、主人公と一緒に物語を進めてて、
迷子になりません。
これは『鹿男~』の話ですが。
主人公「おれ」の本名が明かされぬまま終わるのにも、すこしびっくりしました。
ドラマの玉木宏の役名は、ドラマ製作者の命名とか。
結局、彼の本名は何だったのさ(笑)
この人の本を二作読んだだけで次に期待するのもちょっとどうなのという気がしますけど、
私としては早く次の本を叔母に送ってきてもらいたいです。(そういう予定)
続編、とにかく楽しみにしている本です!!

>>>

今日は午後から部活のお手伝いに行こうと思います。
(行けないなぁ~と思いながらもそれなりに部活に行けている自分を褒めよう。)
(それなりに行っても後輩に会っていないのはちょっとやばい気もするけど…)

拍手[0回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
TRACKBACKS
URL:
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
*カウンター*
プロフィール
HN:
まゆ
性別:
女性
職業:
大学生
自己紹介:
ジャニーズの話題もタカラヅカの話題も混在してるブログです。
どちらかが好きという方も、どっちも好きという方も、ぜひ仲良くしてやってください(*・v・*)

詳しいプロフィールはコチラ
Twitter MAYU
育ててます。
V6 PEOPLE
いくつになったの??
メンバーの年齢が覚えられなくなったので
作っちゃいました☆

ブログ内検索
最新CM
まじでー(返信済)
(04/14)
こんにちは(返信済)
(02/26)
うんうん(返信済)
(02/06)
(01/28)
こんばんは(返信済)
(01/05)
バーコード
アクセス解析
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]